エンディングノート作りがブーム?

エンディングノート作りが、ひそかなブームなのか、関連書籍が売れているようです。

エンディングノートの中身ですが、自分史、遺産の分配、自分の受けたい医療や介護、自分亡き後の葬儀や供養の仕方、お世話になった方への感謝の気持ちなどが一般的です。

要するに、終活・老いじたくをしておこう、言い換えれば自分の意思表示を残しておこうというのが目的なんですね。

そうしておかないと、いざという時に周囲の人を悩ませ、ときには困らせることになりかねないからです。

自分のエンディングを、自らプロデュースする。まずは、軽い気持ちで始めてみることです。

「老いじたく」と言えばなんだか重い感じがしますが、「エンディングノート」といえば軽くいけそうです。

こういう時、カタカナは便利です。

エンディングノートだけでは危ない

ただ、このエンディングノートですが、これを作成しても法的効力がないんです。

例えば、財産分与であれば遺言の形式で残しておかなければ、いざという時に無効を主張されてしまいます。

また、やはり自分の意思を実現する人、遺言執行人などを選んでおかなければ、せっかくノートを残しても無意味だったということになりかねません。

ですから、エンディングノートを作り、法的効力を持たせたほうがよい場合にはしかるべき手続をしておくことが、一番良い方法だと思います。