公正証書遺言の作り方

1、まず遺言の内容を考える

 公正証書遺言は、遺言者が公証人に遺言を口述して、遺言書を作成してもらいます。

 実際には、遺言内容を事前に公証人と打ち合わせをします。
 その際に、遺言の内容案を書いて公証人に持っていくことになります。

 自分で遺言案を書くことも可能だとは思いますが、専門家に相談して書いてもらえば、スムーズに公証人が遺言を作成してくれる
 でしょう。

2、公正証書遺言の作成手続きについて

 ?遺言の内容ができたら、事前に必要書類と遺言の内容を公証人に渡します。

 ?そして、署名当日に公証役場に証人2人以上を連れていき、公正証書遺言を作成します。

 ?できた公正証書遺言の正本、必要な数の謄本を受け取ります。

 (注)証人には、?未成年者、?推定相続人、受遺者とその配偶者、直系血族、?公証人の配偶者、4親等内の親族、書記、雇人はなれません。
    必要書類、手数料等はお近くの公証役場に問い合わせてみてください。 

3、遺言者が公証役場に行けないとき

  公証人に出張を依頼することができます。

  ただし、手数料が1,5倍になり、これ以外に日当・旅費がかかります。代理人のみで、公正証書遺言を作成することはできません。

お電話でのお問合せ

TEL :078-647-7103
携帯:090-3943-9131

メールでのお問合せ

下記のフォームから、お気軽にお問合せください。
回答は、原則48時間以内を心掛けておりますが、諸事情により返信が遅れることがございます。
なお、1週間を経過しても返信がない場合は、お手数ですが再度のお問合せをお願いします。メールが未着になっている可能性があります。