成年後見制度の種類

成年後見制度には2つの種類がある 

成年後見制度には、大きくわけて法定後見制度任意後見制度2種類があり、法定後見制度には3つの類型があります。

2種類の成年後見制度の概要

法定後見制度は、すでに判断能力が衰えてしまった方を対象に、本人・4親等以内の親族または検察官、市町村長の申立により、家庭裁判所が選任した成年後見人等が本人の生活を支援するものです。
特徴として、既に本人の判断能力が低下してから利用する制度ですので、親族等の周囲からの申立によって開始されることが多いのです。身寄りのない方や、親族がいても疎遠になっている方のために、市町村長や検察官にも申立が認められています。もちろん、本人が申立てるケースもあります。
 
これに対して、任意後見制度本人の判断能力が衰える前に、前もって本人が自分の判断能力が衰えたときのために後見人を選んで契約しておくものです。
つまり、自分が信頼できると思って選んだ人に、判断能力が低下した後の生活を支援してもらう制度です。  

その後、本人の判断能力が低下した場合には、前もって契約を結んでいた後見人受任者や親族等が家庭裁判所に後見等開始を申立て、任意後見監督人等を選任してもらって初めて後見等が開始されます。

あくまで、本人と後見人候補者との契約ですので、本人が、自分の判断能力が低下した後にどのように支援してほしいかを契約によって定めておきます。本人の意思を後見人の活動に反映させやすい制度といえるでしょう。
本人の意思や自己決定を尊重するという理念からすれば、自分の選んだ人に、自分が支援してほしい内容を契約で定めておく任意後見制度が、今後は活用されていくべきでしょう。

お電話でのお問合せ

TEL :078-647-7103
携帯:090-3943-9131

メールでのお問合せ

下記のフォームから、お気軽にお問合せください。
回答は、原則48時間以内を心掛けておりますが、諸事情により返信が遅れることがございます。
なお、1週間を経過しても返信がない場合は、お手数ですが再度のお問合せをお願いします。メールが未着になっている可能性があります。