法定後見制度とは?

法定後見制度には3種類ある

法定後見制度は、本人の判断能力の程度によって後見、保佐、補助の3つに分かれます。

1、後見とは

後見とは、法律用語では「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状況にある」人を対象にしています。

わかりやすく言うと、重度の認知症などで判断能力が無い状態が常に続いている人のことです。

この保護される人を成年被後見人、保護する人を成年後見人といいます。

2、保佐とは

保佐とは、「精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分な状態にある人を対象にしています。

わかりやすく言うと、簡単なことは自分で判断できますが、不動産

の処分や遺産分割などの重要な行為については支援が必要な人です。

この支援される人を被保佐人、支援する人を保佐人といいます。

3、補助とは

補助とは、「精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分」な

状態にある人を対象にしています。

わかりやすくいうと、ある程度の判断能力があり、重要な行為につ

いても一人で行うことができる場合もありますが、特定の法律行為

については支援が必要な人を対象にしています。

保佐との違いは、判断能力の程度の差です。

この支援される人を被補助人、支援する人を補助人といいます。

 

それぞれの違いは何?

後見、保佐、補助の違いは、それぞれの保護者である後見人、保佐

人、補助人の権限の広さにあります。

わかりやすくいうと、後見人は本人の行った法律行為を取り消した

り、本人の代わりに法律行為をすることができます。保佐人や補助

人は、家庭裁判所が決めた特定の行為について代理したり、取り消

したりすることができます。それぞれに権限の範囲が違うのです。

この違いは、判断能力の程度に応じて、できるだけ本人の意思に任

せ、本人の自己決定を尊重する目的があるからです。

お電話でのお問合せ

TEL :078-647-7103
携帯:090-3943-9131

メールでのお問合せ

下記のフォームから、お気軽にお問合せください。
回答は、原則48時間以内を心掛けておりますが、諸事情により返信が遅れることがございます。
なお、1週間を経過しても返信がない場合は、お手数ですが再度のお問合せをお願いします。メールが未着になっている可能性があります。