特別受益とは?

1、特別受益とは

 被相続人の生前に、特別に財産をもらうことを特別受益といいます。

 遺贈(相続時に遺言で財産を与えること)も特別受益です。

 相続財産に特別受益を加えたものが、全相続財産となります。

2、特別受益の計算

 ・相続財産に特別受益を加え、全相続財産を出します。

 ・この全相続財産を法定相続分に従って、各自の相続分を算出します。

 ・特別受益を受けていたものは、ここから特別受益の分を差し引きます。

 <具体例>
 被相続人Aの子BCDの3人が相続人として存在しています。

 相続財産として1500万円ある場合、CがAから300万円の生前贈与を受けていました。

 この場合の全相続財産は1500万円+300万円の1800万円

 そして、1800万円を法定相続分に従って相続分を算出すると、ABCそれぞれ600万円づつとなります。

 最後に、特別受益を受けていたCについては、600万円から300万円を引いて、300万円が具体的相続分にります。

3、特別受益とされるのは

 特別受益とされるものは、次の3つの場合です。

 ・婚姻、養子縁組のための贈与
  持参金や嫁入り道具をいいます。
  結納金などは通常含まれません。

 ・生計資本としての贈与

  大学の学資、住居の新築費用などをいいます。

 ・特定の相続人が受けた遺贈

お問合せはこちら

固定電話:078−736−1813
携帯電話:090−9995−5459(ソフトバンク)
E-mail :nrf49974@nifty.com
(9:00〜20:00,日曜定休)