秘密証書遺言とは?

1、自分で遺言書を書く

 秘密証書遺言は、後で公証役場に行くのですが、自分で遺言書を書きます。

 自筆証書遺言と違い、署名以外はワープロやパソコンで作成したものでかまいません
 そして、封筒に入れ、遺言書に押印した印鑑で、封印をします。
 

2、公証役場に行く

 証人2人以上を連れて公証役場にいき、公証人の前で、自己の遺言書である旨と住所・氏名を述べます。

 公証人が日付と、遺言者が述べたことを封紙に記載します。

 それに加えて、遺言者、証人もこれに署名押印します。

3、遺言の保管は?

 秘密証書遺言の場合、遺言自体の保管は本人が行わなければなりません。

 公証人は、遺言の存在を証明してくれるのです。

遺言の内容を知られたくないが、存在は証明してほしいといった方が活用できます。

しかし、結局は内容が残っていないため、トラブルが起こりやすいようです。

お電話でのお問合せ

TEL :078-647-7103
携帯:090-3943-9131

メールでのお問合せ

下記のフォームから、お気軽にお問合せください。
回答は、原則48時間以内を心掛けておりますが、諸事情により返信が遅れることがございます。
なお、1週間を経過しても返信がない場合は、お手数ですが再度のお問合せをお願いします。メールが未着になっている可能性があります。