自筆証書遺言の書き方

1、必ず自分で書く

 自筆証書遺言は、氏名、日付、本文をすべて自分の手で書き、印鑑を押さなければなりません。

 ワープロ、パソコン等を使用した場合は無効です。

 判例で、カーボン紙で複写した遺言が有効とされたこともありますが、手書きするのが無難でしょう。
 

2、日付や不動産の地番などは正確に

 けっこう多いのが、日付、不動産所在地の書き間違いです。

 不動産については、登記簿謄本のとおりに書いてください。

 日付については、「吉日」などと書くと無効になります、「1日」「壱日」等正確に書いてください

 また、印鑑は必ず押してください。拇印でもかまいませんが、本人のものか判別が難しいためやめておいたほうがいいでしょう。

3、遺言を訂正・変更するのは形式どおりに行う

 遺言の訂正・変更は一定の形式によらないと無効になり、原文どおりの遺言書と認められます。

 何度も訂正したり、大幅に訂正するときは、遺言を書き直すほうがいいでしょう。

遺言の保管はどうする?

遺言書は、誰にも見られないように封入する義務はありませんが、内容を周囲に知られると争いになる可能性がある場合などは封筒などに入れて、開封できないように配慮が必要です。

また、自筆証書遺言は自分で保管しなければいけませんので、その保管方法が問題となります。

誰にも知られない場所に保管しておくと、自分の死後、発見されないおそれがあります。かといって、容易に見られる場所だと、親族などが勝手に開封して、変造や破棄するおそれが生じます。

一般的な保管方法として、自宅の金庫、銀行の貸金庫、行政書士や弁護士などの専門家に預ける方もいらっしゃいます。

なお、公正証書遺言以外の遺言は、被相続人の死後、相続人等が勝手に開封してはならず、家庭裁判所の検認を受けなければなりません。

自筆証書遺言 例文

遺言書

遺言者○○○○は、次のとおり遺言する。

1、遺言者は、娘○○○○(神戸市○○区○○丁目○番○-○居住、昭和○○年○月○○日生)に次の財産を相続させる。

(1)預貯金等

   ○○○○銀行 ○○支店 預貯金

(2)不動産

一棟の建物の表示

所在 神戸市○○区○○丁目 ○○番地○○

建物の名称 ○○マンション

専有部分の建物の表示

家屋番号 ○○丁目 ○○番○○

建物の名称 ○○

居宅 鉄骨鉄筋コンクリート造○階建

○階部分  ㎡

2、遺言者は、長男○○○○(神戸市○○区○○丁

     目○○番地居住、昭和○○年○○月○○日生)

     に次の財産を相続させる。

(1)不動産

   土地

所在 神戸市○○区○○丁目

地番 ○○番○○

  平成22年  月  日

  兵庫県神戸市○○区○○丁目○○番○○号

                       ○○○○ 印

お電話でのお問合せ

TEL :078-647-7103
携帯:090-3943-9131

メールでのお問合せ

下記のフォームから、お気軽にお問合せください。
回答は、原則48時間以内を心掛けておりますが、諸事情により返信が遅れることがございます。
なお、1週間を経過しても返信がない場合は、お手数ですが再度のお問合せをお願いします。メールが未着になっている可能性があります。