遺産分割後の手続

不動産の相続手続

1、不動産の相続について

不動産を相続するには、登記手続が必要になります。

登記をするのが強制ではありませんが、不動産は登記をしておかないと権利を第三者に対抗できないため、登記は絶対にしておくべきです。

登記手続きについては、ご自分でもできますが、司法書士に依頼すると、代行してくれます。

当事務所にご依頼されますと、提携司法書士をご紹介いたします。

2、届出先と必要書類

届出先・・・地方法務局

必要書類

・登記申請書と添付書類
・相続人の戸籍謄本(全部事項証明書)
・被相続人の除籍謄本(全部事項証明書)
・相続人の住民票
・固定資産課税台帳謄本

費用・・・登録免許税、司法書士費用

自動車の相続手続

1、自動車の登録について

自動車やバイク等を相続する場合、自動車登録ファイルに所有権移転を登録することが必要です。

不動産と同じで、登録しておかなければ、第三者に対抗できません。

2、届出先と必要書類

届出先・・・ 陸運事務所、市区町村役場

必要書類

・登録申請書
・自動車検査証
・自動車検査証記入申請書
・戸籍謄本(相続人)
・住民票または印鑑証明書(個人)
・除籍謄本(被相続人)
・新所有者の自動車保管場所証明書
・自動車損害賠償責任保険証明書(提示のみ)

一応、届出る陸運事務所で確認してみてください。

株式・預貯金の相続手続

1、株式などの有価証券を相続について

株式等、有価証券を相続する場合は、名義変更が必要です。

有価証券は、所持人が正当な権利者とみなされますが、配当や増資の権利を得られません。

2、預貯金の相続について

預貯金も、被相続人の取引していた銀行や郵便局で名義変更する必要があります。

預貯金等は、相続開始と同時に、法定相続分に応じて分割され各相続人に移転します。

ですから、単独で引き出したりすることは不可能のはずですが、銀行等が被相続人の死亡を知るまでは、現実的には引き出せます。

あとの手続は、銀行等によって差がありますので、問合せてみてください。

3、届出先と必要書類

届出先

・銀行、郵便局などの預貯金先
・株式は証券会社

必要書類

・名義変更依頼書
・被相続人の預金通帳
・被相続人の除籍謄本
・相続人の戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明
・その他

動産の相続手続

1、動産の相続手続について

動産とは、不動産以外のものをいいます。

テレビ、パソコン、自動車、身の回りの物すべてのことです。

価値が低い場合が多いのですが、相続人の誰かが勝手に処分すると、争いの種になります。

価値のある者は、きちんと鑑定し、相続人皆で話し合って決めるなど、慎重に事を運んでください。

2、届出先と必要書類

届出先・・・特になし

必要書類・・・特に手続がなく、占有すれば所有権を取得します。

しかし、後のトラブルを防ぐ意味から、鑑定書や遺産分割協議書等
は残しておくべきでしょう。

ゴルフ会員権の相続手続

1、ゴルフ会員権の相続手続について

ゴルフ会員権の相続手続は、名義書換料も含め、各ゴルフ場それぞれの会則に従って行います。

2、届出先と必要書類

ゴルフ場によって異なりますが、下記を参考にしてください。

届出先・・・ゴルフ場

必要書類

被相続人の戸籍・除籍記載事項証明書または戸籍・除籍謄本
相続人全員の戸籍記載事項証明書または戸籍謄本
相続人全員の住民票
相続同意書
遺産分割協議書または遺言書
印鑑証明書
預託金証書
入会申込書

費用・・・各ゴルフ場によります

お電話でのお問合せ

TEL :078-647-7103
携帯:090-3943-9131

メールでのお問合せ

下記のフォームから、お気軽にお問合せください。
回答は、原則48時間以内を心掛けておりますが、諸事情により返信が遅れることがございます。
なお、1週間を経過しても返信がない場合は、お手数ですが再度のお問合せをお願いします。メールが未着になっている可能性があります。