遺言の無いとき

第1 相続人を確定させる

1、相続が開始したら

被相続人が死亡し、葬儀等も済ましたら、遺産分割に向けての相続手続をスタートさせます。

その際に、まず第1にしなければならないのが、相続人の確定です。

相続廃除や欠格、相続放棄、非嫡出子の存在等、親族は大丈夫と思っていても、きちんと相続人を調べて、確定するべきです。

あとから相続人が出てきた場合、遺産分割協議をやり直すことになってしまいます。

実際、親族は知らなくても、相続人が出てくる場合がけっこうあるものです。

2、相続人確定の仕方

相続人の調べ方は、被相続人の戸籍を取り寄せることで確認できます。

その場合、被相続人の出生から死亡するまでの、全ての戸籍を調べる必要があります。

相続人を調べたら、相続放棄・相続欠格・相続廃除の有無を検討し、個々の相続人の相続分を確定します。

第2 遺産の範囲を確定させる

1、遺産の調査はどのようにするのか?

被相続人が死亡したとき、相続人が遺産がどのくらいあるかがわからないことがあります。

近くの銀行、税務申告書、不動産の登記簿謄本等を調べたり、調査業者に依頼して調べたり、その遺産の大小によってさまざまです。

2、具体的調査方法

・不動産

登記簿謄本や名寄帳、固定資産税納付通知書、公図などを取得して調査します。

・動産

貸金庫や被相続人の自宅内を調べます。

・預貯金

預貯金残高証明書等を金融機関から入手したり、被相続人の自宅近所の銀行に照会をして調べます。

・債権や債務

被相続人の契約書等から調べます。

債務については、不動産の担保なども調べます。

・有価証券

被相続人の取引していた証券会社、よく利用していたゴルフ場の会員権を持っていないか等を調べます。

第3 遺産の評価をする

遺産分割をする際に、相続人の各人が、どれだけの遺産を相続するかが問題になります。

ですから、争いが起こらないように、個々の遺産をできるだけ正確に評価する必要があります。

争いが起こらないのであれば、どのような評価の仕方でも構いません。

話し合いでの円満解決が一番です。

<主な相続財産の評価の仕方>

・不動産の評価

時価で評価します。

取引価額の相場で判断するのが一番です。

固定資産税の課税標準価額や路線価も参考にはなりますが、時価よりは低くなっています。

相続人間で争いになった場合は、不動産鑑定士に鑑定を依頼することになりますが、費用がかかってしまいます。

・借地の評価

借地権の評価は、その借地権の目的となっている土地価格に借地権割合をかけて算出します。

借地権割合は、都市部で土地の価格の70%〜80%程度といったところです。

・動産の評価

宝石や美術品など、動産にはさまざまなものがありますが、一般人が評価するのは難しいので、専門家に鑑定を依頼したほうが無難でしょう。

・株式の評価

株式の評価は、上場企業であれば、被相続人の死亡前3ヶ月平均の一番安い価額、非上場企業の場合は、評価の仕方が複雑ですので専門家に依頼したほうがいいでしょう

お電話でのお問合せ

TEL :078-647-7103
携帯:090-3943-9131

メールでのお問合せ

下記のフォームから、お気軽にお問合せください。
回答は、原則48時間以内を心掛けておりますが、諸事情により返信が遅れることがございます。
なお、1週間を経過しても返信がない場合は、お手数ですが再度のお問合せをお願いします。メールが未着になっている可能性があります。