遺言を書く際の注意点

1、遺言は法律で定められた形式で書く

 せっかく書いた遺言が、法律で定められた形式に従っていないばかりに無効になってしまいます。

 書籍で勉強するか、専門家に相談するかして、有効な遺言書を作成しましょう。

2、記述は正確に

 人名や、動産・不動産の記載は正確に書きましょう。

 きっちり確認することで、無用な争いを避けることができます。

3、財産目録を作る

 遺言を書く前に、自分の財産を整理するため財産目録を作ることをお勧めします。

 頭で考えているだけでは、見落とすことが多いのです。

 客観的に自分の財産を見てみると、相続人にそのように配分すればいいかがわかってきます。

 ただし、プラスの財産だけでなく、借金などの債務もマイナスの財産として記載してください。

 相続人は、債務も含めて相続するからです。

4、その他

 遺言は、自分の判断能力がしっかりしているうちに書いてください。判断能力が衰えてから書くと、遺言能力が無かったとして無効にされる場合があります。

 犯罪になるような事項や、社会通念に反するような事項は書かないでください。公序良俗違反として無効になる可能性があります。

また、相続人以外に財産を分与する場合には、相続人の遺留分に配慮する必要があります。

遺留分を侵害してしまうと、後のトラブルを招くことになります。
どうしても、遺留分を侵害してしまう場合は、生前に侵害される相続人によく説明しておくか、遺言に理由を書いておけばよいでしょう。

最終の意思表示は公正証書に

いろいろな種類の遺言がありますが、もう変更することが無い遺言を書く場合は、なるべく公正証書遺言をお作りすることをお奨めします。
というのは、自筆証書遺言等では、後でトラブルになることが非常に多いのです。
相続人を争続人にしないために、トラブルの元はできるだけ無くしておくほうが無難です。

お電話でのお問合せ

TEL :078-647-7103
携帯:090-3943-9131

メールでのお問合せ

下記のフォームから、お気軽にお問合せください。
回答は、原則48時間以内を心掛けておりますが、諸事情により返信が遅れることがございます。
なお、1週間を経過しても返信がない場合は、お手数ですが再度のお問合せをお願いします。メールが未着になっている可能性があります。