判断能力が低下してきた時にする遺言

判断能力が低下してきた際に、遺言書を作成するのをあきらめてしまう方は多いです。

例えば、親御さんが遺産を残したい特定の親族がいるのに、軽度の認知症になってしまっているケースです。

判断能力が低下している方が、絶対遺言を作れないという訳ではありません。

認知症であっても、自己の財産をどう処分したいか等が理解できている段階はあります。

できればもっと早くに遺言を作成するべきですが、切羽詰まってからでも、あきらめてはいけません。

ただし、やはり後でトラブルになる可能性がありますので、専門家や医師とも相談しながら作成するのが一番安全でしょう。