成年後見と民事信託

民事信託がクローズアップされています。
信託銀行や大手弁護士法人、司法書士法人が相続対策の万能ツールとして紹介しています。

たしかに、財産承継の面でいえば、相続人たちの争いを防ぎ、事業などの承継を行うには非常に有効なツールです。

しかし、信託は財産処分のみをサポートします。成年後見のように身上監護がないため、判断能力が低下しても見守ってもらえるわけではありません。

自己の財産を守り、豊かな生活を送っていくためには、やはり成年後見制度を上手く活用することです。

民事信託も併用して利用すると、良いかもしれません。