成年後見人の解任が増えている?

後見人の解任が、年間255人にも及んでいるというニュース記事を目にしました。
原因としては、職務怠慢や財産横領ですが、制度への信頼を揺るがせかねない問題です。
判断能力が低下した方の人権を守る制度なのですから、後見人の質の担保は重要です。
ただし、後見制度は家庭裁判所の監督や報告義務がありますので、不正が発覚する仕組み自体はできています。
不正は必ず見つかる仕組みと言っても、よいかもしれません。
制度を利用される方は、ある程度信頼して利用してほしいと思います。
が、くれぐれも後見人はしっかりと選ぶようにしてください。