後見制度は不自由か?

よく成年後見制度を利用すると、財産を管理されてしまって不自由と仰る方がいます。
本人の財産を周囲の誰かが管理している場合に、多いです。

今までは本人の財産の入出金を自由にしていたのに、できなくなるのが嫌なのです。

しかし、そもそも本人の財産は、本人のものです。
周囲が自由に使用するものではありません。

もちろん、配偶者などが生活費に使用する場合は別です。

後見制度を利用すると家庭裁判所に監督されます。
後見人は財産の入出金も報告します。
そこまでするから、後見制度への安心感、信用が担保されます。
不自由ではなく、本人の財産を守るために、きちんと制度が整っています。