死後事務委任契約までのご依頼

任意後見契約をご利用の方については、死後事務委任契約までご依頼いただくケースが多いです。
後見事務から遺言執行とセットでご依頼いただくと、手続がスムーズです。

最近では法定後見のご依頼の際に、死後事務委任までとご相談があります。しかし、法定後見は委任契約ではなく、自由に内容を決められません。

そのため、法定後見でご本人がお亡くなりになり、相続が発生した場合には相続人全員から手続を依頼いただく他に、方法はありません。

ただ、相続人が動けるようなケースであれば、死後事務を代行するメリットもあまりないように思います。

身寄りがない方、おひとりさまについては、早めの任意後見検討をお勧めしています。